FC2ブログ

スポンサーリンク













ページナビ


プロフィール

ゆう

Author:ゆう
よろしくお願いします!


ブログランキング

ブログランキング参加中!!

カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

前回のレッスンでクラブを上から下に向かって強く振る事を教わりましたが、どうも振り遅れてしまう時があります。

良く「グリップエンドをボールに向かって下していく」と言うのを聞きますが、そのイメージが強すぎるとヘッドがなかなか戻ってきてくれません。
その結果が振り遅れになります。

今回は、振り遅れないために「クラブを振り子の様に振る」練習をしました。
イメージとしては、グリップエンドを中心としてクラブが振り子の様に動く、と言う事です。

スイングの時は自分の体が中心となるのかな。
グリップエンドが必ず自分の体の方に向いている状態でスイングをします。

まあ、イメージは簡単に出来ますが、実際にスイングをしてみると大体、グリップエンドが飛球線の方向に向いたままスイングしてしまいます。

直すためには、スイングのかなり早い段階からヘッドをアドレスで構えた位置に戻してくるイメージで振らなければなりません。

これは、簡単には直らない様な感じがします。

暫くはこればっかりの練習かもしれませんね。

それから、今回は練習場に試打用のドライバーが何本か置いてあったので、インストラクターのお薦めで「PING」を試してみました。

DSC_0192.jpg 

「PING」のドライバーは、2017年シーズンで日本ツアー男女賞金王(宮里優作プロ&鈴木愛プロ)が使っていました。
※プロ使用のモデルを試した訳ではなく、同じメーカーってだけですけど。

宮里優作プロは、ブリジストンを使っていたと思ったのですが、シーズン途中からPINGに変えた様ですね。

試打した感想です。
「とても良い!!」
食指が動きます。

良かった点
・ヘッドが小さく見えるので振りやすい
・ヘッドのトゥ側が少し上がって見えるのでボールが掴まりやすい
・打感が柔らかいがボールの初速が速い気がする

今、私が使っているドライバーとのスペック比較です。

1)NIKE VR_S コバート 2.0 (2013年)
2)PING G400 SF TEC    (2017年)

NIKE PING
ヘッド体積 460cc 445cc
ロフト角 10.5° 10°
ライ角 58.5° 59°

こう比べて見ると、構えた時の感じとスペックは大体合っていますね。
ライ角は0.5°しか変わらないのですね。もっと差が有る様に感じました。
※選ぶシャフトによっても感じ方は変わるかもしれませんが、選択肢がいっぱい有りすぎて良く分かりません。私の使っているNIKEはUS仕様だし。
※今回、試打で使用したシャフトは、標準仕様のFLEX SRでした。

んんん、試打会の罠にはまっている様な…
臨時収入が有ったら考えます。


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

久しぶりのレッスンです。

年末年始はドタバタしていたし寒いし。
(そんな事では上達しないぞ!! と言う声が聞こえそうです。)


今回の課題は、以下の2つです。

1)ポスチャー
2)打つ時の意識

1)のポスチャーについて。

私の悪い所は、腰が落ちていて後傾姿勢だという事です。

足裏の感覚は体重が拇指球辺りに掛かっているのですが、お尻が落ちていてそれを補うために上体が前屈みになっているそうです。
想像するとかっこ悪いです。
かっこ悪いだけでなく、もっと腰を高くした方が動きやすいとの事。

働いているゴルフ場でたくさんのお客様のアドレスを見ていますが、上手な人はやっぱりかっこ良いので、形だけでも真似したいです。

そう言えば課題としてヒップアップを意識していたのでした。

パッティングの時は意識出来るのですが、ショットの時は他に注意する事がいっぱい有りすぎて忘れてしまう事が多いです。

もう一つ指摘された事があります。

アドレスに入った時に足が、がに股になっていると言う事です。
ちょっと極端な言い方ですが。

これだと、スイング中に力が左右に逃げやすくなるので、結果として腰が左右に動いてしまうそうです。
要するにスウェーしてしまうって事です。

両足の内側に力を入れる様に修正しました。
これで左右の動きが出来にくくなります。
今までが動き過ぎていたので、かなり窮屈感が有りますが、安定感は向上します。


2)打つ時の意識

今までのレッスンでも何回か指摘されていましたが、クラブヘッドを上から下して強くボールを打つと言う事。
力を入れる方向で言うと上から下に向かって力を入れて打ちます。
良く言われる「ダウンブローで打つ」と言う事になります。

言葉だけを聞いていると当たり前の事なのですが、私のイメージとしてはボールをすくい上げるイメージで打っている事が多かった気がします。

今までイメージで打つとヘッドアップしてしまい、打ち終わった後には右足に体重が乗ってしまう、というかっこ悪いスイングになってしまいますし、この打ち方だとボールに力が伝わらないので、結果的にはボールが上がらないし飛距離も出ません。

と言う事で修正です。

意識しているうちは良いですが、ちょっと油断すると前の癖が出てしまいます。

無意識に出来る様にならないと、ラウンド中では苦しむかもしれませんので、次のラウンドまでに少しは形になるように自主練習が必要です。


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

今回のレッスンのポイントは、以下です。


1) トップの位置を高くする
2) ボールを強く打つ

まず、1)についてです。
私のトップの位置は、低くて、腕が縮こまっていて、右脇が締まっていました。
フィニッシュの位置は高くて、左脇は空いている状態でした。
まずは、スイングを左右対称にする事からです。

トップの位置を高くすると言う事は、野球で言うと、ピッチャーが強い球を投げる時には、胸骨が開いて右腕が高く上に上がります。
イメージとしては、こんな感じです。

これは、次の「ボールを強く打つ」に繋がります。

高い位置からの方が、強くボールを打てますからね。


次に、2)についてです。

今までボールを強く打つと言う事を、レッスンで何回か指摘されていましたが、イメージが違う事が分かりました。

指摘された事は、手でボールを強く打ちに行っていると言う事。
どう言う事かと言うと、手でボールを打ちに行くと、手がボールに近づいていく(グリップが体から離れていく)ので、クラブヘッドがなかなか出て来ない、と言う事でした。

ボールを強く打つ、と言う事は、グリップは体の近くを通って、クラブヘッドでボールを強く打つ、と言う事でした。
そう言われれば、そうなのですが、、、

暫くは、この2点を練習です。


さて、上の2点が出来る様になった頃、次の課題です。
(出来る様になってないけどね。)


3)トップの位置からクラブを下す
4)捻転を解いてボールを打つ

3)についてです。

トップまで上げたクラブですが、上げたら下さないといけません。
問題は下し方ですが、グリップを真下に下します。
その時は、まだクラブヘッドは上に向いたままです。

そういえば、私の働いているゴルフ場で、よくレッスンをやっているのですが、たまに仕事の休憩時間に事務所から覗いています。
先日、水の入ったペットボトルをトップの位置から地面に叩き付けていました。

これってクラブを下に下す練習だったの???

最後に4)です。

捻転を解いて、クラブでボールを打つ、
これだけです。

さて、全部出来た所で、1)から4)を取り混ぜてやってみます。

まあ、全然当たりません。
とりあえず、今日はボールが何処に飛んでも良いから、動きだけ練習しましょう、との事でしたが、あんまりにも当たらないので…

どうしましょう…


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

前回に引き続き
「ドローボールを打ちたい」シリーズ
第2弾です。

第1弾で習った
「コックを使ってクラブを上げて、
そのまま上体を捻転して、
ボールを打つ」
と言うスイングリズムを
自分なりに練習して、
なんとなくスイングになってきたので
今回のレッスンに臨みました。

まず、3球ほどショットを見て頂きました。

スイングがあんまりスムーズでは無いので、
順番を変えてみましょう、
と言う事になりました。
(確かにあんまりスムーズにスイング出来ていませんでした。)

今度は、
「上体を捻転して、
クラブを上げる。
クラブを下して、
捻転を戻してボールを打つ」
と言う順番です。

ここでの注意点は以下です。
・捻転する時の腕を使って捻転しない
・捻転する時に上体の前傾角度を緩めない
・捻転する時にグリップエンドと”おへそ”の間の距離を変えない
・捻転した時に左手の甲が上を向かない
・捻転は飛球線の反対方向までしっかり行う

結構、ありますね!!
^_^;

最初は当たりませんでしが、
何回かやっているうちに当たる様に。
ドローボールを打つ為には特に

・捻転した時に左手の甲が上を向かない
・捻転は飛球線の反対方向までしっかり行う

の2つが大事だそうです。


次にドローボールを打つイメージです。

・手打ち(本当は手打ちじゃないけど、
 私は体が開いてしまうので矯正する為)
・ボールにビンタをする様に
 手を返す
 (私、ビンタした事ないですけど…)
・インパクトの瞬間は、右手を出来るだけ伸ばす

実際にやってみます。
が、なかなか出来ません。

「もっと、思い切ってやって下さい!!
 左側のネットにボールを当てる位の気持ちで!!」

何とか行きました。
物凄く思いっきりやらないと出来ないです。
で、ちょっと油断すると右へ…

続いて、
フェードとドローを交互に打つ練習です。
体の使い方の違いを覚えるためです。
違いがはっきり分かれば
コースに行った時に修正出来る…かも、
って事です。

今日は、盛り沢山で、
時間をちょっとオーバーしてレッスンをして頂きました。

感謝!!


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

先月は、ラウンドで忙しくて
レッスンを受けていませんでしたので
約1ヶ月ぶりのレッスンです。
(自主練習はしていましたが、
成果が有ったかどうか…)

今回は、
7月から8月頃は、
ドローボールが打てていたのですが、
最近、スライスばっかりで、
ドローボールを打ちたいのですが、
どうしたら良いでしょう、
と言う相談です。

しかし、
その前に、バックスイングで
手首をこねる癖を直した方が良いです。
ドローボールが打てていたのは、
「たまたま」リストの返しのタイミングが
合っていただけですよ、
と回答が。

「たまたま」ですかぁ。
はぁ…

バックスイングで
手首をこねてしまうと、
クラブのフェイスが開く&
インサイドに上がりすぎるので、
フェイスの面や
スイング軌道が安定しない、
と言う事です。


と言う事で、
「手首をこねる癖を直す」
レッスンです。

まず、アドレスに入ります。
そのまま、体の捻転はせずに、
コックを使いながら
クラブを体の正面から動かさないで
そのまま上げて行きます。

注意点
1)前傾角度を維持する
2)肘を曲げて上げるのではなく、
  肩から上げる感じ
3)上げる高さは顔が両腕の間に入る位まで

上げた後は、腕をそのままキープして
顔はボールを見たまま、
上半身を捻転します。
これで、トップの位置となります。

この手順だと、
手首が余計な動きをしないまま、
トップの位置まで持ってこれます。


1でセットアップ
2で腕を上げる
3で捻転
4でボールを打つ


のリズムでボールを打ってみます。

意外と打てますね。
バックスイングが安定するからでしょうか。

たまにスライスが出ますが、
これは、振り遅れているのが原因です。
分かっちゃいるけど、
やめられない…

しかし、このルーティンから
普通にスイングをするには、
2.腕を上げる
3.捻転
を同時に実行しなければなりません。

これが意外と大変です。

今までのスイングの動作と
全然違います。

今まではクラブを真っ直ぐ後ろに引いていた
(つもりでしたが、実際にはインサイドに引き過ぎ)
と思いますが、
今回、教えて頂いたスイングだと
クラブを右斜め前に上げる感じです。

インストラクターに
「これで大丈夫?」
と何回も確認しましたが、
これで良いそうです。

更に、ビデオでも確認しましたが、
今までより良いスイングになっている、
様に見えました。

やっぱり自己流だと
違う動作をいっぱいやっているんですね。

まだまだ、違和感たっぷりなので、
暫くはこれの練習になりそうです。

まともなスイングになるのは、
何時の事になるやら、、、


copyright © 2018 目指せ 300ヤード!? ゴルフ練習日記 ~千葉県の初心者ゴルファーがゴルフスクールに通い始めました all rights reserved.Powered by FC2ブログ