スポンサーリンク











ページナビ


プロフィール

ゆう

Author:ゆう
よろしくお願いします!


ブログランキング

ブログランキング参加中!!

カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ゴルフ場ネタ
こんにちは ゆう です。

夏の間、元気に育った芝生が、
バンカーの中まで伸びてきています。

2017-09-26-06-46-24-295.jpg 

伸びてきた芝生をランナーと言います。

結構、伸びてきていますね。
あんまり伸び過ぎると、
ラフなのか、バンカーなのか分からなくなるので、
クレームになる事も有ります。

確かに、対処の仕方によっては、
ペナルティーになる場合も有りますからね。

と言う事で、バンカーのエッジ切りです。
芝生の伸びが落ち着いたこの時期に実施すると、
綺麗な状態が結構長持ちします。

角スコップを使用して、
バンカーのエッジに切り込みを入れます。

伸びてきたランナーを切るのと、
端に寄ってきた砂を中央に寄せるためです。

切り取ったランナーを熊手やブロアーで集めて回収し、
砂はトンボで中央に寄せます。

バンカーのエッジの高さは約5cm程度でしょうか。

砂を中央に寄せ終わったら、
砂が均等になるようにトンボで均します。
(乗用機械でやった方が早い様な気がしますが、
ここのゴルフ場はこのやり方でやっています。)

ある程度均等になったら、
バンカーレーキで、
全体を綺麗に均しながらスジを付けていきます。

出来上がりはこんな感じです。

2017-09-25-08-06-52-667.jpg 

エッジ部分です。

2017-09-25-08-06-45-272.jpg 

全体像です。

今回はフェアウエイのクロスバンカーでした。
大きさは、横5m、縦10m位の小さいバンカーでしたが、
3人掛かりで約1.5時間。
結構、掛かりますね。

グリーン周りの顎の高いガードバンカーだと、
エクスプロージョンショットによって
砂がバンカーの外まで打ち上げられています。
その場合、打ち上げられた砂を
バンカーの中に戻す作業もあるので
もう少し手間が掛かります。

テレビ中継などで見るゴルフコースは、
どこも綺麗にバンカーのエッジが切られていますが、
大会を開催するに為に、
かなりお金と手間を掛けて整備している事でしょう。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2017 目指せ 300ヤード!? ゴルフ練習日記 ~千葉県の初心者ゴルファーがゴルフスクールに通い始めました all rights reserved.Powered by FC2ブログ