スポンサーリンク












ページナビ


プロフィール

ゆう

Author:ゆう
よろしくお願いします!


ブログランキング

ブログランキング参加中!!

カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ゴルフ場ネタ
こんにちは ゆう です。

今回は、ゴルフ場のコースメンテナンスの一つで”バーチカル”という作業を行いました。

”バーチカル”は、芝生のメンテナンスとして欠かせない作業です。

この作業は目的は、芝生の古い根を切断して、芝を間引き、新芽の発根を促進させ、活性化させることです。
水はけもよくなり芝目の矯正にもなります。
春と秋に1回づつ実施する事が多いです。

以前、このブログでも記述した”エアレーション”と同じ様な目的があります。
”エアレーション”についての過去記事

”エアレーション”は数センチ間隔で穴を開けますが、”バーチカル”だと間隔がかなり狭くなりますので、ほぼ全面に対して効果があります。

バーチカル作業は、主に以下の3項目を実施します。

① バーチカル カット
② 刈りくずの除去
③ 目砂

今回、実施したのは①と②です。
③については、後日実施致します。


”バーチカル カット”はこんな感じで、乗用機械で実施いたします。

DSC_0257.jpg 

この機械にはこんな刃がついていて、芝生の古い根を切断し間引きします。

DSC_0262.jpg 

”バーチカル”(vertical)とは、日本語で言うと”垂直”と言う意味になりますが、この刃が芝生に垂直に当たって古い芝根を切断していきます。
切断された芝根は表面に書き出されますので、乗用機械についているバケットで回収出来ます。
①と②の作業を同時にやっちゃいます!!

今回は、ティーグラウンドを実施しましたが、ティーグラウンド1面の”バーチカル”を実施すると、軽ダンプの荷台の半分くらいの芝カスになります。

DSC_0258.jpg 


”バーチカル”前の芝生
DSC_0259.jpg 


”バーチカル”後の芝生
DSC_0261.jpg 

写真じゃあ、分かりにくいですね。

これで、良いティーグラウンドが出来上がると思います!!


copyright © 2018 目指せ 300ヤード!? ゴルフ練習日記 ~千葉県の初心者ゴルファーがゴルフスクールに通い始めました all rights reserved.Powered by FC2ブログ