FC2ブログ

スポンサーリンク













ページナビ


プロフィール

ゆう

Author:ゆう
よろしくお願いします!


ブログランキング

ブログランキング参加中!!

カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:自主練習
こんにちは ゆう です。

先日、自主練習中に練習場仲間に会ったので、スイングを見てもらいちょっとアドバイスを頂きました。


1)脇が開いている
 トップの位置で右脇が開いていると言うか、右肘が外側に向いている様です。

 まるで、元ロッテのフランコみたいな感じです。
 フランコみたいにスイングを極めれば良いかもしれませんが、素人にはオーソドックスの方が上達の近道だと思います。

 右肘が外側に向いてしまうと、クラブヘッドがクロスしやすくなります。
 クロスしてしまったクラブヘッドは、当然、元に戻すのが大変なのでミスショットになりやすいです。

 そう言えば、これは直すべき課題のうちの1つでした。
 まだ、直っていなかったんですね。

 脇が開いていると言っても、肘が体から離れてはダメ、と言う事ではありません
 トップの位置では、肘と体はむしろ離れた方が良いです。

 問題は右肘の向きです。

 右肘が下向きになっていて、両腕の間が狭くなっていれば良いのです。
 両腕に一体感が出てクラブを操作しやすくなります。


2)インパクト時に腰が前に出る
 これも直すべき課題のうちの1つです。

 腰が前に出る = 前傾が解ける

 って事で、ミスショットに繋がります。
 アプローチショットを見てもらったのですが、その時もこの癖が出ている様です。
 どうりで当たらない訳だ。

 直すイメージとしては、左のお尻を後ろへ引いて腰を回転させると、腰が前に出なくなります。
 左のお尻が前に出てしまってはダメですよ。

 これでアプローチも良くなったらいいなぁ~


3)捻転が少ない
 捻転は、腰はなるべく回さずに、上体を回します。
 腰も一緒に回ってしまうと、捻転では無くて回転になってしまいます。

 私の場合は、その捻転が少ないと言われました。
 自分では十分にやっているつもりでしたが。

 イメージとしては、左肩が右足の上に来るくらいまで捻転する、と言う事。

 思い返してみると、自分の場合は、左肩が両足の真ん中くらいまで、下手をすると左足の上くらいまでしか捻転していませんでした。

 飛距離を出す為には、当然ですがやはり捻転量が多い方が良いですね。

 が、しかし、体への負担が…

 慣れないと怪我をしそうなので、徐々に体を慣らして行きたいと思います。


練習場仲間の方、アドバイス有難うございます!!!

応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:自主練習
こんにちは ゆう です。


今年の打ち納めをしてきました。

と言っても、大寒波襲来でもの凄く寒そうだったので、本コースではなく打ちっ放しとミニコースです。

DSC_0608.jpg 

だからと言って寒くなかったか、と言うとそうでも無いのですけどね。


今年1年、いろいろと練習して来ましたが、果たして上手くなったのでしょうか。

いや、きっと上手くなったはず。

と言い聞かせる事にします。

楽しいゴルフもたくさん出来たし!!
(これ大事)

来年も頑張って練習したいと思います。


応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:自主練習
こんにちは ゆう です。

久しぶりのブログ更新となってしまいました。

先週は体調が悪く大人しくしていました。

7/24にラウンドの予定でしたが、連日の酷暑のせいでの熱中症か、それとも、夏バテか。
兎に角、動く気力が無くてあえなくキャンセル。

それでも、7/28はリフレッシュしようと思ってプールトレを予定していましたが、前日の飲み過ぎによりダウン。
寝て曜日になってしまいました。
結果的には台風でダメだったんですけどね。


とりえず2日とも寝て曜日で体調回復したので自主練習に行ってきました。

最近、どうもスライスする病が多いので、ちょっと確認の為に練習しにきました。

いろいろとチェックしてみて分かった事。

1)テイクバックの時に手元が体から離れていっている。
2)同じくテイクバックの時に左手の甲が上を向いている。
3)トップで肘が曲がりクラブを担いでいる。
4)捻転が少ない。
5)体が先に開いている。

どれもスライスの原因になる事なのですが、実は以前にも指摘されている事です。

全然、直っていないじゃん…
一つづつチェックし直しです。
しょうがない、練習有るのみ!!!
頑張ろう!!


話しは変わりますが、家で「ヤモリ」を見かけました。
めっちゃカワイイ~~です。

DSC_0393.jpg 

何か良い事が起こるかな~~

ところで、これって「ヤモリ」ですよね???

「ヤモリ」と「イモリ」って似ているので、ちょっと不安だったので調べてみました。

ヤモリ:
爬虫類でトカゲや蛇と同じ種類。
陸上で生息し、皮膚は乾燥している状態。
家の害虫を食べてくれるので「家守」とも書く。

イモリ:
両生類でカエルと同じ種類。
水辺に生息し、皮膚は濡れている状態。
井戸の害虫を食べてくれるので「井守」とも書く。

と言う訳で、やっぱり「ヤモリ」ですね。
でも、家の害虫を食べるだけで、見ることが出来たらラッキーな事が起こる、って訳ではないらしい。

ちょっと残念だけど、カワイイから許す!!!

応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:自主練習
こんにちは ゆう です。

前々からレッスンで指摘されているポイントなんですが、「スイング中に左へスウェーしてしまう」という欠点があります。

スウェーしてしまうと、ボールに効率的に力を伝えられない、と言う事です。

それはその通りです。

クラブの手元が飛球線方向に移動してしまえば、クラブのヘッドは加速しませんし、ボールに力が加わりません。

理屈では分かっているのですが、なかなか上手くはいきません。

今回の自主練習では、思い切って「ボールを打つ時に左足を突っ張る様に踏ん張ってみる」事にトライしてみました。

何球か試してみると、意外と良い感じになってきました。

これで良いのかなぁ。
今一、良く分かっていないので、今度のレッスンの時に確認してみたいと思います。

暫くこんな感じで練習していた所、100球を超えたあたりから、左膝が痛くなってきました。

今まで使っていなかったから痛くなってきたのか、使い方が悪いから痛くなってきたのか、良く分かりませんが不安です。

ゴルフシーズン始まったばかりなのに故障、、、って事にならなければ良いですが。

とりあえず、アプローチ練習を50球程やってから帰りました。

何でもなければ良いですが。


応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:自主練習
こんにちは ゆう です。

今日は、いつもレッスンで通っている
練習場に天然芝のパッティング練習場
が有るので練習に来ました。

DSC_0068.jpg 

今年の前半戦は、パッティングに悩んで
いて(今でも、悩んでいますが…)、
パターを変えようかと思いました。

その時に出会ったのが、このパターです。
ヘッドのフェイス面が特徴的で、この形状
にする事で、ボールが順方向に転がりやすく
なり、パターでショートする人には良い、
との事でした。
いつもパターでショートする私には、
神様からの救いの声かと思いました。


しかも、この赤ヘッドは、グリーンの
緑色とのコントラストがはっきりするので
ストロークが安定しやすいとの事でした。


しかし、その前にやる事が有るのでは??

私のパッティングの問題は、以下が有りま
した。

① 距離感が合わない
② 方向性が悪い
③ センスが無い… orz

最近、パッティングについては、色々と
意識している事があり、一応、自分の中
では、何となく成果が有ったと思ってい
ます。

以下は、自分が意識している事です。

① 距離感

一人予約でラウンドしていると、
上手な人とラウンドする事も多いですが、
そういう人を観察していると、
パッティングが上手な人は、歩測をして
いる人が多いと思いました。

話しを伺ってみると、距離を正確に把
する為に歩測しているとの事。
さらに、自分のスイングでの距離感を
把握している事も大事、
との事でした。

自分のスイングの距離感とは、、、
たとえば、アドレスした時に、パッティ
ングの振り幅で、右足までの振り幅だと
5ヤード(歩測で5歩)とか、右足の
さらに1足分外側だと10ヤード(歩測
で10歩)とかの感覚です。

グリーンのスピードとか、傾斜とかに
よっても変わりますが、そもそも、自分
の基準となる距離感が無いと、調整も
出来ないと思いますので、コースでラウ
ンドする時は、必ずパッテインググリー
ンで、5ヤード、10ヤード、15ヤー
ド位の距離感は確認するようにします。


② 方向性

私の場合、方向性が悪い原因は、カップ
に入れようと言う思いで、ボールを打っ
た後にカップの方に上体が向いてしまう
事による「引っ掛け」か、真っ直ぐ押し
出そうとする思いが強すぎて「開いて
当たってしまう」事が多かったと思いま
す。

これらの事は、カップに向かう意識が
強すぎて起こっていた訳で、①の距離感
(振り幅)を重視し、方向は、ボールを
セットした方向に打つだけとする事によ
り、方向性のミスは減ってきたと思いま
す。

もう一つ、パッティングをする時の姿勢
です。

今までは、膝を曲げて、腰を落として
パッティングをしていました。
しかし、ボールをセットした時に、
カップに向かってボールに書いてある
ラインをカップに向けてセットしている
はずなのですが、パッティングのアドレ
スに入ると、何となく「ずれている」感
じがする時が有りました。
(不安が残るまま、パッティングをする
と、ほとんどが入りませんね。)
とある、TVのゴルフレッスン番組で、
アドレスの時にヒップアップして、構え
ると良いというのを見たので、やってみ
ると、何となく「ずれている」感覚が
少なくなって来ました。
(お尻を上に上げる様に構えると、
何となく、足も伸びてきて、上体も
ボールの上で構えられる様になりました。)


やっぱり、アドレスって大事なのかな~、
と思う瞬間でした。
この、ヒップアップについては、最近、
ショットの時にも気を付けている項目で
す。


③ センス

まあ、私はセンスが有る訳では有りませ
んので、理屈&練習で何とかするしかあ
りません。

って事で、もう一つ、パッティングの
コツを教えて頂きました。

それは、アドレスした時のボールの位置
です。

今までは、アドレスした時の真ん中に
ボールを置いていました。

実は、そのままパターを構えると、
ハンドファーストの構えになってしまい、
ボールをヒットする時には、ダウン
ブローになってしまいます。
ダウンブローでボールを打つと、ボール
の回転は、逆回転で転がり始めるので、
ボールの転がりが悪くなるそうです。

対処法としては、パターのフェイス面が、
体の真ん中になる様に構えます。
ボールの位置は、やや左側(大体、左目
の真上位の感じでしょうか)にセットす
る事になります。

と、いろんな事を考えながら、パッテイ
ング練習をしましたが、しかし、
ボールがカップに入るか、入らないかは、
んん、良くなったのでしょうか…

で、パッテイング練習は、やっぱり面白
くないので、長続きませんでしたので、
15分程で切り上げて、同じ練習場にあ
る、ミニコースへ。

ミニコースは、長くても90ヤードなの
ですが、中途半端な距離なので、私には
パーオンするのも難しいです。

私の苦手な、4番ホールです。

DSC_0069.jpg 

距離は27ヤードですが、手前にバンカー
があり、奥はすぐにネットでOBです。
ダフってバンカー、トップしてOB…
いろいろトラブルが起こります。


最終的には、こんな結果です。

DSC_0081.jpg 


結果を見ると、90ヤードの2番ホールと
5番ホールが悪いですね。
このコースで、パーを取れなければ、
本コースでもパーは取れないです…


応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ



copyright © 2019 目指せ 300ヤード!? ゴルフ練習日記 ~千葉県の初心者ゴルファーがゴルフスクールに通い始めました all rights reserved.Powered by FC2ブログ