FC2ブログ

スポンサーリンク













ページナビ


プロフィール

ゆう

Author:ゆう
よろしくお願いします!


ブログランキング

ブログランキング参加中!!

カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

ドライバーがどうしてもスライスしてしまいます。
レッスンに行って来ました。

ポイントは以下です。

1)アドレス時に腰が落ちていて骨盤が上を向いている
2)前後に体重移動している
3)左足が動いている


もうちょっと具体的に。

1)アドレス時に腰が落ちていて骨盤が上を向いている
  そもそもアドレス時の立ち方が良くないそうです。
  足首を曲げて、膝を曲げてなので、骨盤が上を向いて上体が立っているようです。

  修正するには、
  足裏全体で地面を押す様な感じで立つ。
  そうすると自然に腰が高くなる。
  その状態で骨盤から前に倒して前傾姿勢をとる。
  決して、足首を曲げて、膝を曲げて、腰を曲げて、ではない。
  視覚的にはボールを上から覗き込むような感じ。


2)前後に体重移動している
  アドレスで足裏全体で地面を押す様に立ちますが、バックスイングでトップの位置にくると踵側に体重が掛かっている様です。
  踵体重のまま打つとスライスになりやすいし、インパクト時に体重を戻そうとするとエラーが起きやすいそうです。


3)左足が動いている
  バックスイング時に左足が右足の方に寄っていっているので、右へのスウェーが起きやすい。
  左右の膝の間隔が変わらない様な意識でバックスイングを行う。


いろいろと余計な動きをしている様です。
感じとしては、下半身は動かず、上半身が動いている、と言う感じでしょうか。
(素人感覚ですが。)


以上の点を重点に練習し、次のラウンドに臨みたいと思います!!

なんか、ベストスコアが出そうな予感が…

応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

先日のラウンド中に同伴者にショットの動画を撮影して頂きました。
(動画の編集がうまく行かずブログにはアップ出来ませんでした。)

しかし、こうやって改めて動画を見てみると、自分の頭でイメージしているスイングと全然違いますね。
恥ずかしい…


その動画を持ってレッスンへGO!!


動画を見て頂いて、注意点はとりあえず2つ。
(いっぱい有るけど、とりあえずね)


1)手を使ってクラブを上に上げているけど、腕が上がっていない。
2)腰を回している。


もうちょっと具体的に。

1)バックスイングでクラブを手で上げている。
  まあ、手で上げるのですが、腕を使って上げていないので、担ぎ上げているだけみたいです。
  腕を使って上げている場合、腕の外側と背中の広背筋が伸びるはず、らしいです。
  腕を使ってクラブを上げれば、ボールを叩く時に力が伝わりやすいとの事です。
  そして、クラブを強く振れるので、結果的に右足に残っていたままの体重が左足に移動できるはず。
  私は全然、腕、広背筋が伸びている感じがしていませんでした。

2)腰を回している。
  実際には回るのですが…
  意識としては積極的に腰を回す訳では無いとの事。
  腰を回してしまうと、上半身と下半身との捻転差が無くなってしまいます。
  腰は回さず、上半身を捻転するが、それに引っ張られて腰も自然に回ってくる、くらいで良いそうです。
  この動きもクラブを強く振る為の動作となります。


以上の点を重点に練習し、次のラウンドに臨みたいと思います!!

応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

暑さもだいぶ落ち着いてきたので久しぶりにレッスンに行ってきました。
と思ったら、今日はメッチャ暑かったです。

相変わらず直らない右肩の下がり。
お蔭で前回のラウンドはトップの連続でした。

どうしたら良いのでしょう。

実は、右肩が下がるといっても下がる方向に問題が有る様です。

私の場合は後ろに下がっているとの事。

え???
後ろに下がる???

と思うかもしれませんが、実際にはそうなっていました。

この時に何が起こっているかと言うと、前傾をしている腰が前傾が崩れて前に出ていて、その時に右肩が下がると後ろ側に下がってしまいます。

本来は前傾している状態で前へ下がってほしいのです。

動きとしては、「手で下げるのではなく、右肩をボールの方は下げていく」と言う動きをしましょう、との事でした。

肩をボールの方に向かって下げていけば、前傾している腰も崩れない。
そして、この動きが出来ればボールが掴まる様になるそうです。

実際にやってみると、おっ、いい感じ。
意外と出来そうな感じがします。
ちょっと油断すると元に戻っちゃいますが。

方向性に問題はありますが、とりあえず、トップはなくなりました。


これは明後日のラウンドが楽しみです。
本番で出来れば良いですね。


応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

先日、ラウンドレッスンをして貰ったのでなるべく早くその後のレッスンを受けたかったと言う事もあり、酷暑の中、レッスンに行ってきました。

現状での全ての元凶はインパクトの時に右肩が下がってしまう事です。

右肩が下がるとヘッドが下から入るので大体はダフリます。
ダフらない場合はトップします。

その要因の1つとしてハンドファーストの意識が強すぎる事にある様です。

ハンドファーストの意識が強すぎる為に、手元が左側に動きすぎてクラブヘッドが遅れてくる。
それを無理やり修正しようとして打ち込みが強くなって右肩が下がってしまう。

ハンドファースト自体は悪い事では無いのですが、ヘッドがちゃんと動いている事が前提です。

とりあえず今は体を中心にしてクラブヘッドに円運動をさせると言う事を覚えるのが先決ですので、練習方法を教わりました。

セットアップ:
 ボールを体の真ん中に置きます。
 リーディングエッジをターゲットに向けてシャフトは垂直に立てて持つ。
 垂直に立てたクラブを体の方に倒してきて、グリップエンドが体の真ん中にセットしてグリップを握る。

以上です。

かなり右に行きそうな感じです。

振り子やメトロノームのイメージで打ちます。

が、打ってみるとやっぱり右に行きました。
まだまだヘッドが遅れているとの事なので、とりあえず9時3時の振り幅(ビジネスゾーン)で練習してみます。

何球か練習してみましたがなかなか難しいですね。

クラブヘッドでボールを包み込む様なイメージで打つと上手く行くような感じがします。

これがフルショットになると…

暫く練習が必要ですね。

次回のラウンドまでに少しは出来る様にしたいなぁ。

応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

暫く顔を潜めていた「チョロ」ですが、最近また顔を出して来ました。
どうしたら良いでしょうか。

そのお悩み相談も兼ねてレッスンに行ってきました。

「チョロ」の原因は、やはり上体が開いた所でボールをヒットしているから、と言う事でした。

まあ、私の予想通りです。
私の癖としてどうしても上体が開いてしまうのです。
腰は開いても良いが、上体は開いてはいけない。
上体が下(ボールの方)を向いている時にボールをヒットしないとダメなのですが、、、
分かっちゃいるけどやめられない…


それはさて置き、今回のレッスンです。

特に朝一や緊張する場面では、腕が縮こまっていてクラブを振れない状態になりやすい。

それを解決する一つの方法として、バックスイングで「腕を大きく上げる」事らしいです。

「大きく上げる」と言っても、クラブを担ぎ上げる様な形ではありません。
クラブは地面と垂直に立てたまま、腕を上に上げる事になります。

スイングの過程を分解すると、
1)アドレスからクラブが地面と水平になるまでは、体とグリップの距離が変わらない様に体の捻転を使ってあげる。
  この時の注意点は、クラブが地面と水平になった時に、クラブフェイスの角度と上体の前傾角度がほぼ一致している事
2)その後は腕を地面と垂直方向に上げる。
  注意点は、腕を上げた時にクラブが横にならない様に気を付ける。
3)グリップエンドをクラブヘッドが追い越す様に振る。

と言う感じです。

文字で説明するとなかなか難しいですね。
実際に説明した通りに体を動かすのも難しいですけど。
繰り返しの練習が必要です。


応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ



copyright © 2018 目指せ 300ヤード!? ゴルフ練習日記 ~千葉県の初心者ゴルファーがゴルフスクールに通い始めました all rights reserved.Powered by FC2ブログ