スポンサーリンク










ページナビ


プロフィール

ゆう

Author:ゆう
FC2ブログへようこそ!


ブログランキング

ブログランキング参加中!!

カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

久しぶりに休みを頂きました。
ラウンドに行こうかと思いましたが、
天気予報が今一だったので、
レッスンを受けることにしました。

練習では出来ている事も
実際にラウンドすると上手く出来ないのですが…

と言う事で、スイングを見て頂きました。

その結果、体が固まっていて、
体全体が連動して動いていない、
と言う事でした。

色々と課題を考え過ぎていて
スイング全体の運動としては
ぎこちない動きになっている様です。

素振りでは運動が出来ていても、
ボールを打つ時になると、
いろいろ考え過ぎていてスムーズな運動が出来ていない、
と言う事らしいです。

まあ、確かに、色々と課題があり
それを考えながらスイングをしていると
そうなっているのでは、
と自分でも感じる部分が有ります。

今回は、素振りのリズムのままに
ボールを打つ!!

素振りの時は、
1、2のタイミングで振っていました。
1でバックスイング、2でダウンスイングです。
より体感する為に、声を出しながらスイングします。

実際にボールを打ってみます。
が、、、、、
まず、1でバックスイングが出来ません。
って言うか、1でクラブを上げられません。orz

何で???
分かりません。
けど、1のタイミングでバックスイングが出来ません。

無理やり上げてみても、
今度は2でダウンスイングが出来ません。
何故か2のタイミングで
まだトップの位置まで上がっていないので
ダウンスイングが出来ないのです。

これが、素振りと、ボールを打つ時の違いですか???

余りにも上手くいかないのでタイミングを変えてみました。

1、2、3のタイミングです。
1で始動が上手くいかないので
一呼吸、動作を入れて見ました。
1でクラブで地面を軽く叩く、
2でバックスイング、
3でダウンスイング。

さっきよりは良い感じで出来ましたので、
今日はこのタイミングを覚える練習を
ひたすら繰り返しました。

レッスンの最後にスイングを見て頂きましたが、
大分、良いタイミングになっている、
と言って頂きました。

スイングのタイミングは良くなったようです。

後は、このタイミングの中で課題をどう克服するかですね。

DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

今日は台風の影響で雨模様でしたので、
ゴルフ場のコース管理業務もままならない。
と言う事で、業務は午前中で終了!!

しかし、この雨の中、
2名ほど9時頃にスタートして行きました。
凄いやる気ですね。

私は、業務終了後、
家には帰らず、レッスンに向かいました。

前回のラウンドで、
どうしても右に打球が出てしまうので、
その点を見て頂きました。

まず、スイングを見て頂くと、
「何処に向かって打っている?」
と言われました。

???
あっちですけど。

もう一回、その方向に向かってアドレスして、
その状態で両肩に棒を添えてみると、
あさっての方向に向いていました。
かなり右向きです。

あれれ???

ターゲットの方向に平行になるように
両肩の棒を向けてみると、
今までと違ってかなり左を向いた
視界になりました。

そもそも向いている方向が違っていたんですね。
真っ直ぐに向いていたつもりなのですが。

それともう一つ、
トップの位置で左手首が折れています。
あら???
それって自分で気づいて直したはずなんですけど。

直っていなかったんですね。
トホホ。

アドレスの向きは、
構える時に注意すればすぐに直りそうですが、
左手首の折れはなかなか直りそうもありません。

まだまだ、先は長そうです。

DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。

アプローチレッスンを受講しました。
今日は天候も良かったので、
天然芝の上でのアプローチ練習です。
やっぱりこういう機会は貴重ですね。

前回のラウンドで、
中途半端な距離(40~60ヤード位)の
アプローチがどうも右に行ってしまうので
その辺りをどうにかしたいと思います。

今回、やる事は2つ。
1)転がすアプローチ
2)上げるアプローチ


まずは、転がすアプローチです。

転がせる状況ならば、なるべく転がす。
ボールが転がるライン上に
カップがあれば入る可能性がある。
万が一、カップインしなくても
次にパッティングのラインの参考になる。

との事です。

もう一つ、
どの様な球筋で、
何処に落として、
どの様に転がすのか、
をしっかりイメージしてから打つ、

と言う事でした。

更に、今回、私が指摘された点は、
クラブヘッドを振り子の様に動かす事、
です。

実は、この指摘は今までのショットのレッスンでも
再三指摘されているのですが、
どうも体が先に回転してしまって
ヘッドが遅れてくる癖があります。
分かってはいるのですが、
なかなか治りません…


次に、上げるアプローチです。
約40ヤード、手前にバンカーが有るので
転がせない状況です。
ライは、フェアウェイです。

こんな所から40ヤードのアプローチなんて、
大体、ザックリかトップです。

と言う事でコツを教えて頂きました。

コツは、
クラブヘッドを振り子の様に動かす事。

え~~~、
転がすアプローチと同じじゃぁないですか。

そうなんです、上げるアプローチも、
振り幅と使うクラブが違うだけなんです。

上げる場合は、AWとかSWを使用します。

更に、打つ時のイメージとして、
フェアウェイの芝生を傷つけないように、
クラブのソールを芝生の上を滑らすイメージです。
AWやSWはソールの幅が広くなっているので
それを上手く利用します。

ガッツリと上から打ち込むと、
それこそザックリいく可能性が高くなるそうです。

最初のうちは、ザックリいくんじゃないかと
ドキドキでしたが、30~40球打っていると
なんとなく打てる様になってきました。
本番で打てるかは、また違うと思いますが。

次に、更に距離を伸ばして、
上りの約50ヤード。

ここまで来ると
やっぱり悪い癖が出ます。
暫く打ってもなかなか治りません。
もう少し練習が必要です。


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。
前回のラウンドでグリーン周りのアプローチが
ボロボロだったので、アプローチレッスンを
受けてみました。

アプローチレッスンは初めてです。
私が通っているスクールでのアプローチレッスンは、
打ちっ放しの人口芝の上ではなく、
本物の芝生の上から練習出来ます。
このスクールを選んだ理由の一つです。

まずは、パットアプローチを教えて頂きました。

名前の通り、パットと同じ様に打つって事です。
カップまでの距離が短く、
転がせる状況なら一番簡単だそうです。

打ち方は簡単です。

パターと同じ様に握って、
パターと同じ様に構えて、
パターと同じ様に打つ。

これだけなのです。
それにちょっとしたポイントが。

構えた時にヒールを少し上げる様にする

という事です。
こうする事によりヘッドが芝に引っ掛かりにくくなるそうです。

今回は、8I、PW、AW、SWで練習しました。
それぞれの球の上がり方とランの転がりの
違いを体験しました。

グリーンまでの距離、
グリーンに乗ってからカップまでの距離、
状況によって打ち方は変えずにクラブを変えるだけ、
と言う事を確認しました。

次に、チップショットを教えて頂きました。

これも転がすアプローチですが、
パットアプローチよりもグリーンから離れた場合、
大体、約30ヤード位でしょうか。

1) グリップの握り方は普通に。
2) グリッププレッシャーは強めに。
3) 構えはハンドファーストで。
   グリップエンドが左太ももの前位に
   収まる感じです。
4) 体重配分は、左6:右4位で。
   腰だけを左に移動するのでは無く、
   頭も左に移動する感じです。
5) スイング中はフェイスの向きを変えない。
6) バックスイングは小さくし、
   強くボールをヒットする。

いろいろとチェックポイントを教えて頂きました。

私の欠点として指摘された点は、
体重配分を6:4にした時に
腰だけを左に移動しているので、
右肩が下がってすくい打ちになっているので
トップしやすい。
正にその通りです。

更に、バックスイングが大きくゆっくりな為に、
ボールをヒットする時に緩みやすい。
正にその通りです。

まあ、自分的にはそれが正解と思ってやっていたのですが、
実は反対だったって事ですね。

直すのには暫く練習が必要です

レッスン終了後、
併設のミニコースでアプローチ練習を兼ねて、
ラウンドして来ました。
ティーグラウンドの芝生(マット)が
新しくなっていて気持ち良かったです。

KIMG0459.jpg 


DATE: CATEGORY:レッスン

こんにちは ゆう です。


今週は世間的にはお盆休みだと思いますが、

実は私も5連休を頂きました。

ゴルフ場勤務で5連休は珍しいかも!?


かと言って、

何処かへ出掛ける訳でも有りませんが、

レッスンには行ってきました。


前回のレッスンで教えて頂いた、

ダウンスイングと捻転について、

その後、自主練習をしたのですが、

どうもフォロースルーがしっくりきませんでした。

今回はその辺りを相談しました。

 

スイングを見て貰うと、

フォローで手首を返し過ぎて

球が左に飛んで行ってしまっている、

との事でした。

 

コツは、ダウンスイングで下ろしてきたヘッドの勢いで、

そのままクラブに体が付いていく、

というイメージで振ることです。


余計な力は入れずにクラブに体が引っ張られる

感覚が良いそうです。


バックスイングでクラブが真っ直ぐ上がっていれば、

フォローでも真っ直ぐ上がるはず、だそうです。


余計な力を入れなければ、

バックスイングで外側に上がって入るとフォローが内側に入り、

逆にバックスイングで内側に入るとフォローが外側に行きます。

まあ、クラブに振られると自然にそうなるかも…


もう1つヘッドをスムーズに動かすコツを教えて貰いました。


クラブを体の正面に持ちます。

手首を使ってヘッドを自分の頭の方へ持ち上げます。

そして、グリップエンドを動かさずに

ヘッドを時計回りにクルっと回します。

このヘッドの動きがスイング中に出来ると良いとの事。


これを大きくしていくとスイングの形になります。


実は、このヘッドをクルっと回す動きは、

少し前まで松山英樹選手もワッグルとして

取り入れていました。


と言うことで、

私もこのワッグルをスイング前のルーティーンとして

取り入れてみようと思います。



copyright © 2017 目指せ 300ヤード!? ゴルフ練習日記 ~千葉県の初心者ゴルファーがゴルフスクールに通い始めました all rights reserved.Powered by FC2ブログ