fc2ブログ

スポンサーリンク






プロフィール

ゆう

Author:ゆう
よろしくお願いします!


ブログランキング

ブログランキング参加中!!

カテゴリ


ページナビ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:用具
こんにちは ゆう です。


■ 前置き

私の使用しているパターは、新品を購入してからそろそろ2年ほど経ちます。
パターカバーはマジックテープ式なのですが、粘着力が弱くなって来ました。

グリーン周りで持ち歩いている時にも何度かパターカバーを落としており、無くさない様に気を付けないとなぁ~、と思っていた所で、先日のラウンド中での紛失騒ぎです。

これは何とか対処しないと、今度は本当に紛失しそうです。


そもそも何でマジックテープ式になったのかな。
マグネット式の方が良かったのに。


マジックテープの貼り付け部分を見ると、毛羽立ってモサモサしています。

IMG_20220415_114337915.jpg

まずは、これをハサミでカット

IMG_20220415_115827911.jpg

これだけでも少し粘着力が回復しますが、まだちょっと弱い気がします。


マジックテープ式からマグネット式に改造(!?)を決断!!

(スポンサーリンク)



■ 改造

まずはマグネット。

最近、めっきり使わなくなったマグネット式のボールマーカー

IMG_20220417_091637636.jpg

偶然にも丁度2つ有りました。

カッパを着用してプレーする時は、マグネット式の方がストレス無くプレー出来ます。
雨の日にポケットの中をまさぐるのは、なかなかのストレスになりますので。


さて、マグネットを何で留めよう

マジックテープを買ってきて、サンドイッチしようかと思いましたが、マジックテープ部分が小さすぎて無理そう。

IMG_20220417_091719237.jpg

とりあえず、布テープで留めてみました

IMG_20220415_121746519.jpg

改造完成!!!
(ちょっとカッコ悪いけど)

IMG_20220415_120627496.jpg

これを改造と言うのか???

(スポンサーリンク)



■ 考察

ボールマーカーの磁石の強さは強力です。
具体的な数値が幾つかは分かりませんが、2枚合わせてくっつけると、ちょっとずらしながら外さないと外れない位です。
今回は布テープで貼り付けましたが、布テープを2枚挟むと丁度良い強さになりました。
結果オーライ。

家に有る物だけで改造したにしては上出来でしょう!!!
裁縫が出来ると間に埋め込んだり出来て、もっと綺麗に出来るかもしれません。

IMG_20220417_092726595.jpg

ラウンド中にどうなるかは、後で確認します。

応援有難うございます!!

ブログ更新の励みになりますので、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:用具
こんにちは ゆう です。


最近は色々なカラーボールが発売されています。
一体、どの色が見やすいのでしょうか。

私が持っていたカラーボールを、実際のラウンドで試してみました。
使用球は、コストパフォーマンスが高いと大人気(?)の「HONMA D1」です。

IMG_20220127_183425196.jpg

白以外に6色を所有していたので、3ホールづつ2日間で使用してみました。
(ピンク、赤、緑、薄いオレンジ、濃いオレンジ、黄)

スポンサーリンク



途中でロストボールをする事無く、無事にラウンドが終了しました。
(#^.^#)

一応、同伴者の意見も聞きながらのラウンドです。
2日間ともバッチリと晴れており、試すのには絶好のお天気でした。


「結果」


見やすかったのは「ピンク」「緑」です。

特に「ピンク」はラフでもグリーンでも見やすいです。

「緑」については、ラフは冬枯れして茶色くなっています。
春から秋の芝生が緑色の時期はどうでしょうか。
別途、検証する必要があるかもしれません。


見づらかったのが「赤」「薄いオレンジ」です。

特に「赤」は黒っぽく見えてしまうので見つけ辛く感じました。


「黄」「濃いオレンジ」は、その中間と言った感じです。


今回は冬という事で、芝生の色が薄くなっている、所々霜が降りている、と言う条件での結果となります。
季節が違うと印象も違ってくるかもしれません。


いずれにしても、個人的な見解ですのでご容赦下さい。

応援有難うございます!!

ブログ更新の励みになりますので、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:用具
こんにちは ゆう です。

私はプレー中に残りの距離を測る為に、腕時計型の「Shot Navi W1-FW」を使用しています。
過去記事:時計を買う!!

(スポンサーリンク)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ショットナビ W1-FW (アウトレット/GPSゴルフナビ/ウォッチ)
価格:13970円(税込、送料無料) (2021/9/5時点)


レザー式の様にピンまでの距離を正確には測れませんが、グリーンのフロントエッジ、センター、バックエッジまでの距離が分かるので十分です。
ピントを合わせる必要も無いですしね。

もうちょっと上手くなったらレザー式が欲しくなるかも…


前回のラウンドに行く朝になって、この「Shot Navi」のベルト部分が切れている事に気が付きました。
その日は何とかガムテープで補修して乗り切りましたが、プレー中は気が気でありませんでした。

早速、修理です!!

(スポンサーリンク)


サービスセンターへ問い合わせした所、自分でのベルト交換は出来ないとの事だったので、サービスセンターへ送付して交換して貰う事としました。


8/23に初めて問い合わせをして、ベルト交換が終わって自宅に届いたのが9/4です。
約2週間って所ですね。


また、同時に GPS機能、バッテリー&基盤の経年劣化も確認して貰いましたが、こちらの方は問題無しと言う事でホッとしました。
2018年9月に購入したので丸3年の使用ですから、まだまだ動いてもらわないと困ります。

ベルト交換は返送料込みで4000円、ベルト取付部分の破損だともう少し高くなる様です。

これで次回のラウンドは心置きなくプレーが出来ます!!!!

応援有難うございます!!

ブログ更新の励みになりますので、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:用具
こんにちは ゆう です。

先日、ゴルフクラブのバランスについて記事にしました。
(過去記事:クラブのバランス

その記事の中で、アイアンセットバランスが「C7」だったので、標準的なバランスと言われている「D0」に近づける為に、鉛を貼ってみる、と言っていましたが、あれから大分時間が経ってしまいました。

「鉛」は買ってあったのですが、手に入れたら満足してしまい放置状態。
ようやく重い腰を上げ、実践してみました。

買った鉛はこれです。

(スポンサーリンク)

1マス0.5gになっているので重さを調整しやすい。

今、現在のバランス「C7」から「D0」に変える為には、6グラムの鉛を貼る必要が有ります。
いきなり、そんなに貼って大丈夫かよぉ…
と、ビビりつつ、とりあえず4グラムにしておきました。
(実は、全てのアイアンに6グラムの鉛を貼るだけの量が無かっただけ…と言う話しは内緒です。)

そして、鉛を貼る場所ですが、場所によって効果が違う様です。

トウ側 :ボールがつかまりやすくなる
ヒール側:ボールがつかまりにくくなる
真中下側:ボールが上がりやすくなる


今回は真中下側に貼ってみました。

こんな感じです。

DSC_0424.jpg

(スポンサーリンク)


これでバランスが「C7」から「C9」に変わりました。
(「C9」は「D0」の一歩手前です。)

クラブを振ってみると、確かに今までよりも重みを感じます。

早速、打ってみる。

確かにヘッドが効いて、球が上がる様な気がする
気がするだけで、本当はたいして変わらないのかもしれない。
そもそも、毎回、違う場所に当たっている訳で…

でも、ゴルフをプレーする上で、精神状態が凄く影響するので、
この「気がする」ってのは大事かもしれません。

兎に角、次回のラウンドが楽しみです。

目指せベストスコア!!!

応援有難うございます!!

ブログ更新の励みになりますので、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:用具
こんにちは ゆう です。

なんだかんだで、ラウンドに行けていません。

と言う事で、ゴルフクラブのバランスについてちょっと調べてみました。
このクラブのバランスは「Ⅾ0」だよ、とか良く耳にします。

で、そもそも、ゴルフクラブのバランスとはなんですか?

ゴルフクラブのヘッドの利き具合(スイングやワッグルの際にヘッドの重量感をどれだけ感じやすいか)を示し、
バランスが重いほど、ヘッドの重量感を感じ易く、バランスが軽いほど、ヘッドの重量感を感じにくいと言う事になります。

そのバランスを何で表すかと言うと、先ほどの「Ⅾ0」と言うような、アルファベット+数値で表します。

アルファベットは、ヘッドが軽い方から「A、B、C、D、E」
数値はアルファベットを更に細分化したもので、ヘッドが軽い方から「0~9」
となっています。

(スポンサーリンク)

どうやって計測するかと言うと、こんな機械で測定します。
(いつも行く練習場に置いてあります。)

DSC_0162_20210129182202d55.jpg

グリップエンドから14インチの所に支点が有り、グリップエンドとクラブヘッドのバランスを取ります。

詳細な説明が書いてありました。

DSC_0165.jpg

が、そこは省略して、この器械にクラブを乗せると、測定器には「Ⅾ0」とか表示されます。

クラブの長さと重さも測り、1WからSWまでのバランス、長さ、重量、ロフト角を表に纏めてみました。

20210129-バランス -1


表だけだと分かりづらいので、散布図にしてみました。

20210129-バランス -2

分かっていた事とは言え、アイアンセットはかなり軽い部類(重さもバランスも)になります。

とりあえず、バランスだけ合わせてみるか。

(スポンサーリンク)

アイアンセットバランスが「C7」と言う事なので、他のクラブと同様に「Ⅾ?」に調整するには、ヘッド側に鉛を貼る事で調整出来ます。

約2グラムの鉛をヘッドに貼ると「C7」から「C8」に変わるようです。
(実際にはシャフトの長さによっても変わります。)

「D0」にする為には、6グラムの鉛を貼る事になりますね。

6グラムの鉛って多いのか少ないのか良く分かりません。
どんな影響が出るか、試しに貼ってみようと思います。

その結果はまた後日。
お楽しみに~!!!




応援有難うございます!!

ブログ更新の励みになりますので、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ



copyright © 2022 目指せ 300ヤード!? ゴルフ練習日記 ~千葉県の初心者ゴルファーがゴルフスクールに通い始めました all rights reserved.Powered by FC2ブログ