FC2ブログ

スポンサーリンク













ページナビ


プロフィール

ゆう

Author:ゆう
よろしくお願いします!


ブログランキング

ブログランキング参加中!!

カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:オフトレ
こんにちは ゆう です。

今回は「オフトレ スキー編」です。

2/12の夜、会社帰りに友人と2人で水上方面へスキーへ出かけました。
現地の友人宅に到着したのは22時過ぎ。

寝る前にちょっとだけ飲みましょう、と言う事で飲み始めましたが気が付いたら午前3時過ぎ。

やっちまいました!!!

翌朝、7時頃に目を覚ますも起きられず、2度寝、3度寝をしているうちに気が付けば10時頃に。
今更、スキーに行くのも面倒だし、と言う事で、ラーメン食べて温泉に入って帰る事に決定!!


まずはラーメン屋です。

友人宅近くにある「ラーメン 武尊」です。

食べるのはやっぱり店主おすすめの「スタミナラーメン」です。

DSC_0667.jpg 

豚バラ肉、ニンニク、ニラ、が入っており如何にもスタミナが付きそうです。
が、帰りの車内は臭いとの戦いになりそう。


そして、昼食後は温泉です。

水上IC近くの「風和の湯」へ。

ノルン水上からの帰りに何回か入浴させて頂いています。
「地元住民の憩いの場」的な共同浴場です。


温泉も入って後は帰るだけとなりましたが、時間もまだ早いし下道で帰ろう、って事になり、それなら寄りたい所があると言う事で寄り道しました。

モツ煮込みで有名な「永井食堂」です。
DSC_0672.jpg 

店に到着したのは14時過ぎでしたが店内はお客さんでいっぱいです。
流石、有名店。
私たちは昼食にラーメンを食べたので、お土産だけを買いました。
お土産は食堂の隣の小屋で販売しています。

DSC_0668.jpg 

食堂が休みの日曜日祭日でもお土産は買えるようです。
1kg1070円×2袋を購入。

DSC_0673.jpg 

今夜、頂きましたが、大変おいし~です!!!

また、機会があれば購入したいと思います。


応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:レッスン
こんにちは ゆう です。


良くゴルフ雑誌等で「ダウンスイングの時に右肘をたたんでボールを打つ」と言うのを見掛けます。
でも、これをやるとどうしても振り遅れになってしまい、良いイメージが湧きませんでした。

そこで「秘技 メンコ打法」です。

「メンコ」と言うと年齢が分かってしまいそうですがそこは内緒です。

メンコを打つ時にどうしていたかを思い返してみると、地面に向けて思いっきり叩き付けていたと思います。
その時は腕の動きがどうなっているとかは考えずに、ただ思いっきり叩き付けていました。

その動きをいま良く考えて見ると、トップの位置からのダウンスイングで一旦、腕がたたまれてその後、リリースする瞬間に肘から先を思いっきり伸ばすって事をしていたと思います。

ゴルフスイングも同じ様な感覚でしてみます。

トップの位置からボールを強く叩く為にクラブヘッドを強く振り下ろしてくる。
そうする事により自然と右肘がたたまれる。
目的は「クラブヘッドを強く振る」事であって、「右肘をたたむ」事ではありません。

あー、すっきりした。
良いイメージが出来ました。

これで、ゴルフスイングも…
とは簡単に行きません。
このイメージを体現するのは、運動神経のあんまり良くない私にとって難しいです。

そして、この時に気を付けなければならないのが胸の向きです。
胸が力を入れる方向に向いていないといけません。

メンコの場合は、物を投げる方向に力を入れるので自然と胸がその方向に向くと思います。
しかし、ゴルフの場合はボールが飛んで行く方向に胸が向きがちですが、力を入れる方向はボールを打つ下方向きなので胸の向きも下を向いていないといけません

これが難しいポイントですね。

どうしてもボールをヒットする前に胸がボールが飛んでいく方向に向いてしまいます。
クラブヘッドを強く振り下ろして胸が下に向いている段階でインパクトを迎える。
その惰性で胸がボールの飛ぶ方向に向くと言うイメージで良いのですが、分かっていてもなかなかそれが出来ません。

前回の秘技 無重力打法と合わせて練習あるのみ!!!

頑張ります!!!

応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:情報
こんにちは ゆう です。

年が明けて約1ヶ月が経ちました。

新ルールの中、プレーした方も多いと思います。
私も3回程、プレーをしました。

自分がプレーして、そして普段、ゴルフ場で見ていて良く見る光景が2つあります。

1)旗竿を差したままでパッティング
2)膝の高さからボールをドロップ

いろいろと細かいルールは変わっていますが、私の様なレジャーゴルファーはこの2点が大きいかもしれません。

1)旗竿を差したままでパッティング

私は基本的にこのスタイルでパッティングをしています。
理由は、距離感がつかみやすいカップインしやすいプレーが早くなる、の3点です。

■距離感がつかいみやすい

特にロングパットの時に感じます。
距離が長くなると平面にあるカップだけだと見辛いですが、旗竿が差さっていると一目で分かります。
ロングパットの時は方向性より距離感が大事だと思いますので、パッと見で分かるだけでも大分負担が減ります。

■カップインしやすい

最初は旗竿に弾かれて外れる事を心配していましたが、3回程のプレーでは同伴者も含めて1回も弾かれる所を見ていません。
むしろ、今までだと勢いが強すぎてカップをクルッと回って外れていたのが、旗竿の抵抗で勢いが弱まりカップインするのではないでしょうか。
それでも弾かれて外れてしまった場合は、そもそも旗竿が無くても外れていると思います。

但し、旗竿が斜めに傾いている場合は外した方が良いかもしれません。

前組の方の旗竿の差し方が悪くて斜めになっている場合は差し直せば良いですが、そもそもカップの切り方が悪く斜めになっている場合もあります。
その様な場合はボールとの隙間が狭くなるので外した方が良いのでは、と思います。

カップを切る側の人間としては、なるべく真っ直ぐに切る様に注意をしなければなりませんね。

■プレーが早くなる

今までだとパッティングをする前に旗竿を外して、パッティングが終わった後に旗竿を差すという動作が必要でしたが、それが必要無くなります。
1ホールだけなら大した時間じゃ無いかもしれませんが、18ホール分、そして1日のプレー組数分となるとゴルフ場全体で見ればかなりの時間短縮となると思います。

しかし、長年、ゴルフをやっている方の中には、旗竿を差したままのプレーには違和感を感じる方もいらっしゃると思います。
プレーする前に確認しておいた方が良いですね。
同伴者の中にその様な方がいた場合には、旗竿を抜いてプレーする事になると思います。


2)膝の高さからボールをドロップ

今回のルール改正でドロップは膝の高さからドロップしなければならないと変更されました。
ドロップする高さを低くする事によりボールを止まりやすくする為です。
膝の高さとは真っ直ぐ立った場合の膝の高さとなります。

今までの様に肩の高さからドロップしてしまった場合はドロップのやり直しとなります。
また、やり直しをせずにそのままプレーをしてしまった場合には1打罰となります。

ま、普段のプレーではペナルティーを付けるまではしていないですけど、膝の高さからのドロップを忘れない様にしています。


兎に角、新ルールに適応して少しでもスコアアップ、そしてプレーファストに繋がれば良いですね。

応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:ハンディキャップ
こんにちは ゆう です。

月初め恒例のハンディキャップ更新です。

今回はほとんど変化なしで、完全に頭打ちとなっています。

「26.4」 → 「26.3」

20190201_1.jpg 

たまに100を切るだけではダメな状態になってきました。

以下はハンディキャップ採用スコアの一覧です。
最新20枚のスコアカードからベスト10枚がハンディキャップ算出の対象スコアとなります。
(ベスト10は一覧表の青くなっているスコア)

20190201_2.jpg 


応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ


DATE: CATEGORY:ラウンド
こんにちは ゆう です。

今日は「取手桜が丘ゴルフクラブ」で友人とのプレーです。

(スポンサーリンク)


■今日のコンディション

 天候:晴れ
 気温:10度(予報)
 風速:6m(予報)
 グリーンスピード:9.0フィート

DSC_0644.jpg 

 前回のプレー時も風が強かったですが、今日は更に強そうです。
 練習グリーンでパッティング練習をしてみると、晴天&風で乾いている為か数字よりも速く感じます。


■ コースレート

 今回は白ティーを「OUT」 → 「IN」の順にラウンドしました。
 コースレートは「68.0」です。
 今までの中では易しい部類のコースですが、なんといっても風が問題です。
 何とか「100切り」したいですな。

過去にラウンドしたコースのコースレートはこちらです。

 そして、今回もアコーディアゴルフと言う事で「ロングランコンペ」に参加しました。
 と言っても、風が強かったので参加表明したのは、前半戦が終わってからという「後出しジャンケン」みたいになってしまいましたが。

DSC_0622.jpg 


■ 課題

 前回と同様です。
 暫くはこの課題に取り組みたいと思います。

 1)クラブを強く振る
 2)前傾姿勢を維持する
 3)アプローチはパッティングの様に


■ 前半戦(OUT)

1番ホール パー5のティーグラウンド

DSC_0645.jpg 
9時頃のスタートです。
写真だけを見ていると気持ちの良い青空なのですが、既に強い風が吹いています。
普段使用しているティーだとボールが落ちてしまうので、乗せる場所が大きいティーを使いました。

出だしは右後ろからのフォローの風なので気分的には楽でした。


6番ホール パー4のティーグラウンド

DSC_0650.jpg 
左側がグリーン手前まで池になっているので引っ掛け厳禁ですが、風は左から吹いていたので大丈夫、というか右のラフまで行ってしまいました。


7番ホール パー4のティーグラウンド

DSC_0652.jpg 
目の前の池の真ん中にある道を打った球が転がっていった、と言う昔の話しは秘密です。


前半戦は強い風の中、何とか頑張って「47」でした。
後半戦を「42」でラウンドすれば90切りで…


■ 昼食

今日は「中華バイキング」のイベントをやっていました。
定期的にバイキングを開催している様です。
私の大好きな「酸辣湯」が有ったので迷わずゲット!!
そして、酢とラー油を追加で投入。
この「スッパ辛い」のがたまりません。
DSC_0656.jpg 


■ 後半戦(IN)

10番ホール パー5のティーグラウンド

DSC_0657.jpg 
左の林の奥はOBなので注意が必要です。


12番ホール パー4のティーグラウンド

DSC_0658.jpg 
手前の川の向こう側の右に池がありますが、右からの風なので問題無し。

でしたが、その後のグリーン周りでこの池に入ってしまいました。
いつもながらに詰めが甘いです。
orz...


15番ホール パー3のティーグラウンド

DSC_0659.jpg 
写真では分かり辛いですが、手前と右側が池になっています。

150ヤード位でしたが、相変わらずの風でクラブ選択が難しい。
4Uで打ちましたが、トップしてしまい右奥の池へ。

風をどうこう言う前にちゃんと当てる事に集中しなければ…


後半戦は「42」どころか「52」になってしまいました。
何とか「100切り」は達成しましたが後味が悪いです。

20190129-取手桜が丘 - コピー 

(スポンサーリンク)




■詳細分析

clip_now_20190129_174544.png 
1)スコア:99 → ○
2)平均パット数:2.0 → ○

clip_now_20190129_174553.png 
3)パーオン率:17 % → ○
4)ボギーオン率:39 % → ○
  (アプリでのパーオン率とボギーオン率を足した数字にしました。)
5)フェアウエイキープ率:50.0 % → ○

clip_now_20190129_174602.png 
6)ワンオン率:0 % → ×
7)OB数 :0(3/3/1.0) → ○
8)1ペナ数:2(5/3/1.7) → ×
  (総ペナルティー数/総ラウンド数/平均ペナルティ数)
※ ○が多いのにスコアが悪いのは何故???
  1ペナ(池ポチャ)を含むトリプルボギーが多かったからかな。

「取手桜が丘ゴルフクラブ」の個人的な感想です。
1)平坦なコースなのでプレーしやすいです。
  OBは所々に有りますが外周フェンスを直接越えなければセーフなので意外とOBにはなりませんので、気を付けるのは池だけです。
2)食事は今回は「中華バイキング」。
  なかなか美味しいです。
  このゴルフ場は近隣が住宅地となっているのでプレーをしない一般客もレストランだけ利用しに来ます。
  その為なのか、一般客とゴルフ客の部屋が分かれていました。
  メンバーから分けて欲しいと要望が有ったのですかね。


応援有難うございます!!

唯のブログランキングですが、よろしければ、ポチっとお願いします!!

↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ゴルフブログへ



copyright © 2019 目指せ 300ヤード!? ゴルフ練習日記 ~千葉県の初心者ゴルファーがゴルフスクールに通い始めました all rights reserved.Powered by FC2ブログ